三郎さん 人気推移

三郎さんが男の子の名前としてどの程度人気があったのか、年別に10位以内にランクインしたデータの推移と、ランキングされたその時代の世相と名付けの関係について考察しています。

※11位となっているデータは11位以降の順位であることを表します。

「三郎」さんというお名前は男の子の過去の名付けランキングとしては 1912年に10位以内に初めてランクインし、 1917年、1919年には1位に 2度 輝いてます。 1935年には残念ながらランク外になってしまいました。 とはいえ、22年間もの非常に長い間とても人気のある男の子の名前でした。

三郎がランクイン時期の世相と名前ランキングの変遷

戦前の貧しい時代まだ日本には医療環境が整っていなかったことなどの影響からか、女性には「千代」「久」「幸」など長寿を願う名前が目立つ。

大正1~3年(1912年~14年)の「正一」「正二」「正三」は元号と数字を組み合わせた名前。

戦前の代表的な名前と言えるのが“清く生きる”という当時の道徳観・人生観の表れからつけられたと思われる「清」。1915年(大正4年~昭和12年)から1937年の間通算14回首位。10位以内でみると統計開始以来実に約43年間もの長きにわたり人気の名前であった。

1916年(大正5年)では干支である辰の字が人気となった。

1921年には与謝野晶子らにより日本初の男女共学成立等女性教育が進んだ事もあり、1923年までの4間女性の名前には教育の代名詞であった文学の「文」の字が最も使われた。

1927年には「昭二」1928年には「昭三」は元号の昭和とその年数を組み合わせた名前が1位となった。

長く続く昭和の時代ですが、昭和の前半27年まで「和」の字を使った女の子の名前が実に1952年まで23回も一位に輝いています。

関連コラム

人気の名前と世相との関係
日本人の年別名付けランキング歴代第一位一覧表です。こうして名付けランキングを射ていくと日本人の名前にはその時代の世相が色濃く反映されていることが分かります。そうした時代背景と名前の由来を紐づけて、その関係性を一覧表にしていました。

有名人の三郎さん

名前の人気推移を調べる

名付け人気ランキングの推移を調べます。調べたい名前の漢字と男女の別を指定して検索ボタンを押してください。

漢字を指定

と書く の名前


読み方を指定

と読む の名前

ページの先頭へ