仁平姓 人口

仁平の人口 このページは仁平さんの全国分布、日本全国に何人程度なのか概ねの人口を表示しています。 仁平さんのルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。
※あくまで参考値であり保証するものではありません。
全国の推定人口
約8,460人程度
推定人口の順位
1856位

※本サイトではプライバシー保護のため人口が少ない場合は[0~10前後]、[ほとんどいない]等と表現し、端数についてはも四捨五入させているため[全国の推定人口]と各都道府県の[人口]の合計は一致しません。


仁平姓 ランキング上位

  • 人気1位  茨城県(約2,500人)
  • 人気2位  東京都(約1,600人)
  • 人気3位  栃木県(約1,600人)
  • 人気4位  神奈川県(約770人)
  • 人気5位  埼玉県(約710人)

仁平姓 県内比率ランキング上位

  • 人気1位  茨城県(0.084%)
  • 人気2位  栃木県(0.077%)
  • 人気3位  福島県(0.017%)
  • 人気4位  東京都(0.011%)
  • 人気5位  埼玉県(0.010%)

仁平姓都道府県分布一覧

都道府県 人口県内比率
北海道約1600.00%
青森県0~10前後0.00%
岩手県0~10前後0.00%
宮城県約400.00%
秋田県約500.00%
山形県約600.00%
福島県約3300.02%
茨城県約25000.08%
栃木県約16000.08%
群馬県約1300.01%
埼玉県約7100.01%
千葉県約4700.01%
都道府県 人口県内比率
東京都約16000.01%
神奈川県約7700.01%
新潟県約900.00%
富山県0~10前後0.00%
石川県0~10前後0.00%
福井県ほとんどいない0.00%
山梨県0~10前後0.00%
長野県0~10前後0.00%
岐阜県0~10前後0.00%
静岡県約800.00%
愛知県0~10前後0.00%
三重県0~10前後0.00%
都道府県 人口県内比率
滋賀県0~10前後0.00%
京都府ほとんどいない0.00%
大阪府約400.00%
兵庫県約400.00%
奈良県ほとんどいない0.00%
和歌山県0~10前後0.00%
鳥取県ほとんどいない0.00%
島根県ほとんどいない0.00%
岡山県0~10前後0.00%
広島県0~10前後0.00%
山口県0~10前後0.00%
徳島県ほとんどいない0.00%
都道府県 人口県内比率
香川県0~10前後0.00%
愛媛県ほとんどいない0.00%
高知県ほとんどいない0.00%
福岡県約400.00%
佐賀県0~10前後0.00%
長崎県ほとんどいない0.00%
熊本県ほとんどいない0.00%
大分県0~10前後0.00%
宮崎県ほとんどいない0.00%
鹿児島県ほとんどいない0.00%
沖縄県ほとんどいない0.00%
仁平という名字は全国で1856番目に多いようです。およそ10万人に7人ほど居ると思われます。茨城県や東京都や栃木県や神奈川県や埼玉県や千葉県には他よりもいらっしゃるようです。また県内の人口比率だと茨城県や栃木県や福島県や東京都や埼玉県や神奈川県にいらっしゃるようです。地域としては関東地方に多い名前のようです。もしかすると仁平という苗字の有名になった方がいらっしゃったのかもしれませんね。そして茨城県や福島県や北海道に移り住まわれた方が多いようです。その後全国に広がっていったと思われます。

【地域分布】

【上位10位までの都道府県分布】

- 都道府県の凡例 -

北海道東北
■北海道■青森県■岩手県■宮城県■秋田県■山形県■福島県
関東地方
■茨城県■栃木県■群馬県■埼玉県■千葉県■東京都■神奈川県
中部地方
■新潟県■富山県■石川県■福井県■山梨県■長野県■岐阜県■静岡県■愛知県
近畿地方
■三重県■滋賀県■京都府■大阪府■兵庫県■奈良県■和歌山県
中国四国
■鳥取県■島根県■岡山県■広島県■山口県■徳島県■香川県■愛媛県■高知県
九州沖縄
■福岡県■佐賀県■長崎県■熊本県■大分県■宮崎県■鹿児島県■沖縄県
【このページのデータについて】
本サイトの人口データはNTTハローページデータをはじめ、名字由来net様、全国の苗字(名字)様、およびユーザ様からの情報提供や本サイト独自の調査に基づいたデータを公開しております。
さらに詳しく知りたい場合は、本サイトよりも詳しくかつ最新情報を掲載している名字由来net様をご利用をお勧めします。

~姉妹サイトのご紹介~
思い出こみゅ

仁平さんの由来

  • 家紋が二本のお神酒徳利であることから、元は二瓶と表記したと考えられる。農業を主としながら、神職を兼ねていた、と聞いたことがある。
  • 父方祖父の家に伝わっていた古文書を父が50年ほど前にワープロに打ったものによると、桓武平氏の末裔で常陸大掾家からの分家が鎌倉時代に(故)下野の長沼城主を拝して「仁は仁政、平は平氏なり」として初代城主が仁平を名乗るようになった、というくだりがあります。古い地図にはそのあたりには字の名前で「仁平」という場所もありました。長沼町が須賀川市に併合されたあとの地図ではみつけることができませんでした。
  • 仁平氏は常陸国の佐竹氏の庶流です。早くから宗家である佐竹氏の家臣になっていました。(このことは佐竹氏関係の史料に書かれています。)佐竹氏は、清和源氏の源義光の子孫で平安時代に常陸国に土着して、佐竹を称し、常陸国の大部分を支配しましたが、一時鎌倉に敵対しましたが、その後も常陸国の有力な豪族として武威をふるい続けました。慶長年間に家康の命で出羽に転封され、仁平氏の一部も出羽に移りました。ただそれ以前に下野国に移った一族もいたようで、河内郡で名主として苗字を残した仁平氏もいます。また常陸に残った仁平氏には、赤穂に移る前に下野国・常陸国に封ぜられていた浅野家に召し抱えられた者もいて、内匠頭長矩の刃傷によって改易になったときの浅野家の分限帳(家臣一覧)には仁平姓の家臣が何人か見えます。なお常陸に残った仁平氏は水戸徳川家の時代には苗字帯刀を許された郷士になっています。

【名字由来教えてください】

仁平の由来についてご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。
「仁平」さんの由来やルーツ、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

仁平姓について由来や字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、などいろいろな情報を掲載しています。

仁平さんの苗字愛 レベル

苗字レベル:6ポイント:30
「仁平」という苗字愛のレベルを表示しています。だんだんと支持されてきている名字です。この名字を支持したいという人は、詳細情報のページから卵を割ることで支持することができます。
レベルは仁平さんの詳細ページにある卵をクリックすることでポイントがためられレベルが上がります。

他の苗字の全国の分布を調べる

他に調べたい苗字があれば入力して検索してください。指定した名字の方が日本全国にどれくらいいるか、都道府県別の人口一覧を表示します。 名字のルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。 ※あくまで参考値であり保証するものではありません。
苗字

同じ名字の人と交流する

同じ名字の人が集うページを設置しております。同姓の方と交流してみてください。


ページの先頭へ