我妻姓 人口

我妻の人口 このページは我妻さんの全国分布、日本全国に何人程度なのか概ねの人口を表示しています。 我妻さんのルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。
※あくまで参考値であり保証するものではありません。
全国の推定人口
約17,800人程度
推定人口の順位
1025位
「我妻」という名字は見たことがある人はある名字です。とはいえ必ず出会えるという頻度ではないかもしれませんが、有名人がいるとそれほど珍しいとは感じないかもしれません。

※本サイトではプライバシー保護のため人口が少ない場合は[0~10前後]、[ほとんどいない]等と表現し、端数についてはも四捨五入させているため[全国の推定人口]と各都道府県の[人口]の合計は一致しません。


我妻姓 ランキング上位

  • 人気1位  宮城県(約6,000人)
  • 人気2位  東京都(約2,000人)
  • 人気3位  山形県(約1,900人)
  • 人気4位  神奈川県(約1,800人)
  • 人気5位  福島県(約1,700人)

我妻姓 県内比率ランキング上位

  • 人気1位  宮城県(0.254%)
  • 人気2位  山形県(0.161%)
  • 人気3位  福島県(0.084%)
  • 人気4位  北海道(0.024%)
  • 人気5位  栃木県(0.024%)

我妻姓都道府県分布一覧

都道府県 人口県内比率
北海道約14000.02%
青森県約400.00%
岩手県約700.01%
宮城県約60000.25%
秋田県約600.01%
山形県約19000.16%
福島県約17000.08%
茨城県約4100.01%
栃木県約4900.02%
群馬県約700.00%
埼玉県約12000.02%
千葉県約6100.01%
都道府県 人口県内比率
東京都約20000.01%
神奈川県約18000.02%
新潟県約700.00%
富山県0~10前後0.00%
石川県0~10前後0.00%
福井県ほとんどいない0.00%
山梨県約200.00%
長野県約600.00%
岐阜県ほとんどいない0.00%
静岡県約900.00%
愛知県約1500.00%
三重県約300.00%
都道府県 人口県内比率
滋賀県0~10前後0.00%
京都府約600.00%
大阪府約900.00%
兵庫県約500.00%
奈良県約300.00%
和歌山県0~10前後0.00%
鳥取県ほとんどいない0.00%
島根県0~10前後0.00%
岡山県0~10前後0.00%
広島県0~10前後0.00%
山口県0~10前後0.00%
徳島県ほとんどいない0.00%
都道府県 人口県内比率
香川県ほとんどいない0.00%
愛媛県0~10前後0.00%
高知県ほとんどいない0.00%
福岡県約400.00%
佐賀県ほとんどいない0.00%
長崎県ほとんどいない0.00%
熊本県0~10前後0.00%
大分県ほとんどいない0.00%
宮崎県ほとんどいない0.00%
鹿児島県ほとんどいない0.00%
沖縄県0~10前後0.00%

我妻という名字は全国で1025番目に多い苗字となっています。だいたい1万人に1人ほど居ると思われます。宮城県や東京都や山形県や神奈川県や福島県や北海道にいらっしゃるようです。また県内の人口比率だと宮城県や山形県や福島県や北海道や栃木県や神奈川県にいらっしゃるようです。地域としては東北地方に多い名前のようです。もしかすると地名に我妻さんの名前がついているところがあるかもしれません。調べてみると苗字の意外なことがわかるかもしれませんね。そして宮城県や埼玉県や千葉県に移り住まわれた方が多いようです。その後全国に広がっていったと思われます。

【地域分布】

【上位10位までの都道府県分布】

- 都道府県の凡例 -

北海道東北
■北海道■青森県■岩手県■宮城県■秋田県■山形県■福島県
関東地方
■茨城県■栃木県■群馬県■埼玉県■千葉県■東京都■神奈川県
中部地方
■新潟県■富山県■石川県■福井県■山梨県■長野県■岐阜県■静岡県■愛知県
近畿地方
■三重県■滋賀県■京都府■大阪府■兵庫県■奈良県■和歌山県
中国四国
■鳥取県■島根県■岡山県■広島県■山口県■徳島県■香川県■愛媛県■高知県
九州沖縄
■福岡県■佐賀県■長崎県■熊本県■大分県■宮崎県■鹿児島県■沖縄県
【このページのデータについて】
本サイトの人口データはNTTハローページデータをはじめ、名字由来net様、全国の苗字(名字)様、およびユーザ様からの情報提供や本サイト独自の調査に基づいたデータを公開しております。
さらに詳しく知りたい場合は、本サイトよりも詳しくかつ最新情報を掲載している名字由来net様をご利用をお勧めします。

~姉妹サイトのご紹介~
思い出こみゅ

我妻さんの由来

  • ヤマトタケルノミコトからきた
  • 鎌倉時代くらいには上野国吾妻本郷(現・群馬県吾妻郡)に存在した武家らしいです。 姓の由来は、日本書紀において日本武尊が妻(弟橘媛)を思って碓日嶺(現・碓氷峠)にて口にした「吾嬬者耶(あずまはや・ああ我が妻よ)」。 大坂夏の陣にて自刃した真田大助の遺児を、匿いながら奥州に逃れた家来に「我妻佐渡守」という人物がおり、伊達家重臣・片倉小十郎に保護され、片倉家累代の祈願神社である刈田嶺神社(現・宮城県蔵王町)の禰宜を経て、農民となったようで、蔵王町には国指定重要文化財「我妻家住宅」や「我妻佐渡墓碑」などがあります。 刈田嶺神社奥宮は山形県と宮城県の県境にあり、宮城側では「あがつま」、山形側では「わがつま」と名乗ることが多いようです。
  • 上野国、吾妻郡(あがつまぐん)の郡名の由来日本武尊のア~吾嬬や伝説はともく、郡名(行政区画用語)です。上野国にはあがつま郡の他幾つかの郡が現在もあります。甘楽郡とか。吾妻とか 甘楽とかは苗字ではなく郡名なのです。これがポイントです。頼朝の鎌倉政権時代までは吾妻郡は吾妻郡でした。この鎌倉時代に読み方はあがつまで変わらず字が一字変えられ「我妻郡」にされたようです。甘楽郡は甘羅郡に。鎌倉幕府の終焉で全部旧郡名に戻りました。だから我妻も甘楽等も時代限定の郡名です。行政区画名の変更など
  • 続。鎌倉時代は150年間。蔵王町の我妻は郡名が我妻(あがつま)の時代に様々な事情で奥州蔵王山麓に流れ落ちたりしたはず。此方に来て、古里の地名を苗字にした
  • 続。鎌倉時代は150年間。蔵王町の我妻は郡名が我妻(あがつま)の時代に様々な事情で奥州蔵王山麓に流れ落ちたりしたはず。此方に来て、古里の地名を苗字にした
  • 我妻読みは『あがつま』『あづま』『わがつま』の三系統がメインですが、元は全て同族です。 明治期の身内で『あがつま』を名乗って居たが役所へ届け出た際にフリガナ欄が無く、フリガナ欄が出来た頃に役所の人間が適当に書き分けた為に読みが分かれた、、、と当時を知る方から直接伺った事が有り、実際にその兄弟は『あがつま』『あづま』『わがつま』と兄弟で苗字の読みが異なりますが江戸期からも混同されていた事から大して気にもしてませんでした。 なので、我妻氏は上記三系統の読みには殆ど全て反応するという習性が有ります。

【名字由来教えてください】

我妻の由来についてご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。
「我妻」さんの由来やルーツ、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

我妻姓について由来や字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、などいろいろな情報を掲載しています。

我妻さんの苗字愛 レベル

苗字レベル:6ポイント:33
「我妻」という苗字愛のレベルを表示しています。だんだんと支持されてきている名字です。この名字を支持したいという人は、詳細情報のページから卵を割ることで支持することができます。
レベルは我妻さんの詳細ページにある卵をクリックすることでポイントがためられレベルが上がります。

他の苗字の全国の分布を調べる

他に調べたい苗字があれば入力して検索してください。指定した名字の方が日本全国にどれくらいいるか、都道府県別の人口一覧を表示します。 名字のルーツや全国への広がりや分布状況の参考にしてください。 ※あくまで参考値であり保証するものではありません。
苗字

同じ名字の人と交流する

同じ名字の人が集うページを設置しております。同姓の方と交流してみてください。


ページの先頭へ