日本人の名字の構造

日本人の名字、英語でいう"family name"は「名字」と書きますが、これは最近になってからの書き方。 古来「みょうじ」といえば「苗字」と書くものでした。 これは日本人の名前の構造によるもので、今の名字+名前の形が成立したのは明治以降になってからです。 この名字の呼び方は、名字、苗字、氏、姓など呼び方がいくつかありますが、正式名称は正式に定まっておらず、文科省では名字、法務省では氏を使っているなど分かれるようです。 それでは日本人の呼称の構造を時代をさかのぼってみていきましょう。

古代日本の名前

古代の日本は氏族社会であったため、氏族名毎に名前が構成されていました。

古代の日本人名の構造

中臣
鎌足
なかとみの
むらじ
かまたり
氏族名
名前(諡)

氏族名

氏(うじ)ともいい、一族の名称。

貴族のみが保有していた一族の名称。もともと「君」「臣」「連」「直」「造」「首」の6つが定められ、のちの天武天皇の時に「真人」「朝臣」「宿禰」「忌寸」「道師」「臣」「連」「稲置」の八種に改訂された。 蘇我蝦夷、蘇我入鹿等で知られる蘇我氏は「臣」、藤原氏の始祖である中臣鎌足は「連」(かばね)を賜っていた。

名前・諡

おくりな。今でいう名前の事。昔は死後その人の評価によって名前が付けられ、その死後につけられた名前が、現在一般的に知られているという歴史上の人物も多く、この場合「諡」(おくりな)といいます。 例えば蘇我蝦夷などは反逆者として諡がつけられたため、蝦夷のように野蛮人を示す言葉が使われていますが、生前は蝦夷などとは呼ばれていなかったようです。

中世日本の名前

中世の日本は貴族社会から武家社会となり、どの貴族や武家に属し、そういった官職についているのかが分かるように名乗るようになった。

中世の日本人名の構造

足利
左馬頭
朝臣
直義
あしかが
さまのかみ
みなもとの
あそん
ただよし
苗字
官職名
名前
徳川
次郎三郎
朝臣
家康
とくがわ
じろうさぶろう
みなもとの
あそん
いえやす
苗字
通称
名前

苗字

苗字は中国の名字(なあざな)が日本に入ってきたものであり、もとは「名字」であったが、武家の時代に血すじに重きが置かれたため、血統の子孫、末孫という意味の「苗裔」の「苗」の字が使われるようになった。 しかし戦後「苗」字が当用漢字に採用されなかったためもとの「名字」に戻ったようです。

通称

とおりな。当時は名前で呼ぶことは失礼にあたり、通常穂この通称で呼んでいた。

皇族が臣下に降下(主に武士)する際に賜ったもの。当初はおもに源平藤橘といわれる、源氏、平氏、藤原氏、橘氏の四姓が有名。

上に同じ

名前

上に同じ。
こうしてみると、苗字、名字、姓、氏はそれぞれ異なるものであったことが分かりますね。 このサイトでは主に「苗字」を使っていますが、現代では「名字」を使うのが正しいのかもしれません。

ページの先頭へ