諏訪本 姓

文字/画数文字の意味
15 はかる。とう。集まって話し合う。取は、つかんで一か所に引き寄せること。その基本義は聚シュウ(あつめる)によくあらわれている。諏は「言+音符取」で、意見を集めてその中からえらびとること。もっと詳しく
11 たずねる。とう。 おとずれる。方は、両側に柄のはり出たすきを描いた象形文字。左と右にはり出すの意を含む。訪は「言+音符方」で、右に左にと歩いて、ことばでたずね回ること。方もっと詳しく
5 もと。おおもとの。 書物。 正式な。 主要なもの。書物などを数える助数詞。木の根の太い部分にー印や・印をつけて、その部分を示したもので、太い根もとのこと。もっと詳しく
漢字
読み方
ローマ字
総画数
31画
推定人口
約170人
ニックネーム
諏訪本姓の特徴
諏訪本の特徴
諏訪本姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

諏訪本姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

諏訪本さんイメージを教えてください
※この苗字を様々な角度から独自に判定し、そのステータスをレーダーチャートにしています。(あくまで統計上の情報なので何かを保証するものではありません。)
※「諏訪本姓の成り立ち」や「諏訪本姓の出自」データは何かを保証するものでは無く推測を含みます。
※本ページに調査不足による記載漏れ等ございましたらお問い合わせよりご指摘いただければ幸いです。

関連コラム

日本一長い苗字?
日本で一番長い名字とは?漢字で書くと最も長い名字は4文字?5文字?、読み方が最も長い名字は!?数ある日本の名字の中でも長い苗字について調べて見ました。
このページでは諏訪本姓について字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、推定人口の多い都道府県やルーツ由来や、皆さんがご存知の諏訪本さんについてのアンケート結果を等いろいろな情報を掲載しています。
本サイトではこの姓への愛をためています。愛着がある方はこのページにある「苗字への愛を貯める」の卵を割ってください。

諏訪本さんの特徴

字の分かりやすさ
1
分かる
この名字は高い難易度の漢字が使われています。そのうち最も難しい漢字は「諏」で常用漢字ではないため習わない可能性のある漢字です。高校生以上で習う漢字

※苗字に使われている漢字の難易度(修学年)をもとに判定しています。

Tips

同じ読みなんだけど使われる漢字がちょっと違うだけの似ているものがある名字は、漢字の種類がもともとたくさんあったのではなく単なる書き間違えや勘違いから生まれたというから驚きですよね。

書きやすさ
2
書ける
総画数が31画で、これくらい画数の多い漢字だと人よってはちょっと書くのが面倒と感じる名字かもしれません。

※苗字に使われている漢字の画数の多さにより判定しています。

総画数
画数が多いと他の方と比べても書くのが遅くなってしまうためさらに金融機関等のカード申込書や物件購入時の契約書、役所の申請など名前を何度も書く時は、手が疲れるため、ハンコを作って契約時に自署必須じゃないところはポンポン押していくといいかもしれませんね。名前を何度も書く時は、手が疲れちゃいますよね。あまり面倒だとおもうならハンコを作って契約時に自署必須じゃないところはポンポン押していくといいかもしれませんね。でもこの苗字を嫌いにならないであげてくださいね。
「諏訪本」の字は書きやすいと思う?
バランスが取り辛い、画数が多く上手く書けない等書く上でストレスを感じますか?

諏:

訪:

本:

Tips

バランスが難しく書きづらいと字のランキングは1位が臼、続いて凸、凹だそうです。他にも必、爪、乏、州、女などがあるようです。難しい文字は象形文字のようなものが多いようです。ランキング外ですが「飛」や「丑」新潟の「潟」なんかもバランスが難しく書きずらいですよね。

読み易さ
1
読み
すわもと:
漢字も読み方も難しいものがあるため非常に難しいと言えます。パソコンやスマホでタイプしてもほとんどの場合出てくるでしょう。

※使われている漢字とその読みが一般的かどうかで判定しています。


運勢
6
運勢
この名字は良い運勢です。仲たがいすることもあるかもしれませんが家族を大切にすればいつもあなたの味方になってくれます。この苗字の友だちがいる人は大切にしてください。

※苗字に使われている漢字の画数による姓名判断をもとに判定しています。姓名判断については名前があって初めて成立するためあくまで参考です。


名前:
人口
2
諏訪本の人口
諏訪本さんは特定の地域に住まわれている方が多いかもしれませんがとても珍しい苗字です。珍しいがゆえに初対面の人には必ず「珍しい苗字ですね」などと言われてちょっと辟易している人もいるかもしれません。

※本サイトの全国苗字分布のデータをもとに判定しています。

苗字愛
1
苗字愛
この名字はまだ支持されていません。是非投票をお願いします。もしあなたがまだ投票していなければ是非投票ください。投票は下にある卵を何度もクリックしてください。

※本ページの「苗字への愛を貯める」により苗字にたいする愛を示してくれた方々ポイントをもとに判定しています。

いい人
6 諏訪本さんはいい人である確率が多い苗字のようです。
投票総数1件のうち「いい人」と答えていただいた方は1件ありました。いい人投票率は100%になります。

※本サイトの「どんな人か教えて!」でみなさんに投票いただいたデータをもとに判定しています。

美しさ
1 諏訪本さんはあまり高い評価を得ていない苗字ようです。
投票総数1件のうち「美男美女」と答えていただいた方は0件ありました。美男美女投票率は0%になります。

※本サイトの「どんな人か教えて!」でみなさんに投票いただいたデータをもとに判定しています。

成り立ち
名字の構成 諏訪本姓は地形由来の苗字です。地形由来の苗字の経緯は、ある程度人が住む同じ地域の中で、地名を苗字として名乗ることができるのはその土地の有力者や支配者であり、それ以外の家は周囲の地形から苗字を名乗りました。

※本サイト成り立ちは独自のデータと調査、ユーザ様の投稿をもとにしていますが、確実な保証となるものではありません。

諏訪本 読み方

「諏訪本」という名字で実際に見たことのある読み方を教えてください。
すわもと
(0)

※知っている読み方が上記に無い場合以下のフォームより読み方をご教授頂けると助かります。

諏訪本さんについて教えてください!

こんな名字に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる苗字があれば教えていただけると助かります。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします


≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします

諏訪本さんのニックネーム

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または諏訪本さんを皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。 かな

諏訪本さんのイメージ

. あなたのイメージを教えてください

諏訪本姓の印象

本サイトのアンケートではいい人の割合が多いようです。

諏訪本さんの人柄

知力派?体力派?それとも芸術派?

あなたがご存知のこの苗字の方はどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

体力派

芸術派


諏訪本さんの性格と見た目は?

あなたがご存知のこの苗字の方はいい人ですか?そしてカッコいいまたはキレイな人ですか?

諏訪本姓の由来

文字の意味から由来を探る

‘諏’の由来

意味:はかる。とう。集まって話し合う。
由来:はかる

‘訪’の由来

意味:たずねる。とう。 おとずれる。
由来:おとずれる たずねる とう

‘本’の由来

意味:もと。おおもとの。 書物。 正式な。 主要なもの。書物などを数える助数詞。
由来:もと

諏訪本の人口が多い地域

諏訪本の人口は東京都に最も多くいるようです。諏訪本の人口について詳しくは詳細ページを参照ください。
順位 都道府県 世帯数
1位東京都約120
2位山梨県約20
3位埼玉県約20
4位神奈川県0~10前後
5位福岡県0~10前後

由来の逸話

【皆さんからいただいたコメント】

諏訪本さんの由来やルーツ、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。諏訪本姓の由来についてまとめたページはこちらから
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。


諏訪本さんを探す

諏訪本さん検索

苗字に続く名前を入れると
画数や姓名判断が見られます。
名前:

諏訪本さんと同じ苗字の武将

見つかりませんでした。 ~姉妹サイトのご紹介~

苗字への愛を貯める

苗字レベル:1ポイント:0
諏訪本への愛 「諏訪本」という苗字への愛がある方は右の卵をクリックしてください。
出た数字だけポイントがたまり、たくさんたまると苗字レベルが上がります。
※卵は1日1回割ることができます。


作ってみたい方はこちら。苗字に続く名前を入力して作成されます。※フルネームは公表することはありません。
名前:

※キャラクターのステータスは姓名判断をもとに作成されるため一定の傾向は出ますが、どんな名前でも一定の確率で良くも悪くもなります。


ページの先頭へ