苗字 上野の由来

上野姓に関する由来のページです。人口の多い地域、使われている漢字、"上野"を冠する発祥の地、姓成り立ちや出自といった様々な観点でルーツを検証しています。また皆様よりよせられた姓のルーツや逸話等を掲載しております。本ページに掲載されていないルーツや逸話をご存知の方は是非教えてください。

名字の由来と起源

【皆さんからいただいたコメント】

  • 岡山の商人のルーツです
  • 「見晴らしの良い野原」という地形由来の地名姓。 全国に広く分布し、特に栃木県真岡市周辺、鹿児島市、北九州市、福岡市などに多くみられる。
  • 愛媛県が出自だとおっしゃる上野さんは四国中央市土居町上野発祥だと思います。土居町には鎌倉時代初期に「薦田氏」が移り住んでいて、その支流が上野氏です。薦田氏は「武蔵児玉党」の一族です。薦田氏は土居町畑野に住み、そのすぐ西側に上野という地名があります。太平記に薦田氏の一族として、「上野五郎左衛門吉長」という人の名があります。薦田氏は現在の埼玉県児玉郡美里町小茂田が発祥の地です。児玉党は平安時代後期に有道惟能という人が児玉郡に住み着いたことから始まります。
  • 開聞古事縁起によると,上野集落は,舒明天皇の子孫にあたる上野少将左衛門大夫藤原豊若麿によって荘園化されたとあり,上野氏系図によると桓武天皇の子孫である平良文の孫がこの地に来たと記されています。また,他家古城主由来記にも上野氏の名前が見え,頴娃氏の一族としてこの地域を治めたとも言われています。さて,上野神社周辺には,こうした伝承との関連を思わせる「上野どんの墓」と呼ばれる,百数十の供養塔群があります。供養塔群は,比翼塚(愛し合って死んだ男女を一緒に葬った塚)ともみられる2墓の宝塔を中心に,周囲には五輪塔や板碑等,中世の資料と思われるものが多くあります。伝承と供養塔群との関係にはまだ不明な点もありますが,昔から地域の人々は,上野城主の墓として供養塔群の保存につとめ,昭和15年には,整地して神社を新築しました。かつてこの地に暮した人々の仏教信仰の深さを偲ばせる大切な文化財です。
  • 上野姓の中でも、代表的なのが現在の愛知県豊田市上野にあたる三河国碧海郡上野発祥。
  • 地名の由来は、この辺りが小高い丘になっていて、その上のほうに草で生い茂る野原があったためというのが有力な説。
  • 「上野さんは江戸の上野や上野国に住んでいた人のご子孫かしら?」 、それもあるが、上野とは山に近い上の方の野原のことで全国に地名があった。山からの綺麗で豊富な水が田園を作るのに良かった。
  • 四国の愛媛や高知がルーツと言われる方によくお会いします。
  • 先祖は源平合戦の平家の落ち武者で、舟で秋田県の男鹿半島の南側の戸賀湾に上陸したとのことです。当時、戸賀湾は陸路では行けない所だったとのことです。その後、北側に移り、北浦神社を創設し、神主になりました。秋田県では上野姓は少ないですが、男鹿市北浦地区には上野さんがたくさんいます。

上野さんの由来をこちらで募集中です!!

上野さんの由来・ルーツ、起源や逸話などをご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

文字の意味から由来を探る

‘上’の由来

種類:指事文字
意味:うえ。 あがる。のぼる。 地位や身分が高い。順が先。優れたもの。
由来:ものが下敷きの上にのっていることを示す。うえ、うえにのるの意を示す。下の字の反対の形。

‘野’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:の。のはら。ありのまま。自然の。いやしい。
由来:予ヨは、□印の物を横に引きずらしたさまを示し、のびる意を含む。野は「里+音符予」で、横にのびた広い田畑、のはらのこと。古字の埜ヤは「林+土」の会意文字。

地名から由来を探る

地名を起源とする名字は多くあります。「上野」を含む地名は全国に多数存在するため一部のみ表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは上野姓の方は全国に201100世帯ほどいるようで、日本で87番目に多い名字のようです。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は東京都のようです。その後大阪府、福岡県にいらっしゃる方が多くなっているようです。上野姓の方は上位3位までの都道府県における地名には見られないため、地名から来た名字ではない可能性が高いです。
順位 都道府県 世帯数
1位東京都約20000
2位大阪府約18200
3位福岡県約13800
4位神奈川県約11300
5位埼玉県約9700
6位栃木県約8700
7位北海道約8600
8位兵庫県約8000
9位千葉県約6700
10位熊本県約6500

全国分布詳細はこちらからご覧いただけます

上野姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

上野姓のルーツは地名です。地名から由来する苗字は名字の成り立ちとして非常に多いといわれています。例えば武士や貴族などの場合、邸宅のある場所や、支配地域の地名に因んだ苗字を名乗ったり、出身地から苗字を取ったりしました。他にも地形から因んでい場合もあります。地形に由来する苗字となる経緯は、多くの人が住む同じ地域の中で、その地名を苗字として名乗ることができるのは地域の有力者や支配者であり、それ以外の人々は周りの地形から苗字を名乗りました。帰化した苗字には好きな名字を意味や音から新しく作るもの、憧れの人物の名字を名乗る人、当て字によるものがいます。帰化後につける苗字にはルールがあり常用漢字、人名用漢字、片仮名又は平仮名を満たす字となっています。アルファベットやローマ数字、もちろん算用数字や記号も使えません。

上野姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

出自の確証がとれないため、おそらく庶民の出であると考えられます。朝鮮を起源とした姓という説もあります。とはいえ出自には様々な説があり確かなものは各家の伝承でしかわからないと言えるでしょう。

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"上野"の名がつく神社を紹介しています。
上野天満宮
愛知県名古屋市千種区赤坂町4丁目89
上野神社
長野県長野市戸隠豊岡字大中1676番
上野神社
鳥取県西伯郡伯耆町上野485番
上野神社
山梨県笛吹市御坂町上黒駒1423番
上野神社
京都府福知山市大江町上野小字的場568番
上野原神社
熊本県天草市五和町城河原三丁目416
上野八幡宮
山口県周南市大字下上1913番
上野毛稲荷神社
東京都世田谷区上野毛3丁目22−2
上野神社
富山県中新川郡上市町湯上野109番
上野神社・三島神社
鳥取県西伯郡伯耆町大殿1465番

みんなが知ってる上野さんはこんな人

由来や発祥とは関係ありませんが、本サイトの上野姓のページで皆さんからいただいたご意見を集計した内容を表示しています。 本サイトのアンケートでは知力派の方が多いようです。またいい人の割合が多く比較的男性はかっこよく、女性はきれいな人が多いようです。

「上野」さんについて教えてください!

苗字の由来

「上野」さんの由来やルーツ、発祥の地に関すること、一族の伝承や秘話等、この苗字に関するさまざまな逸話を教えてください。
削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。

上野姓の読み方や、ローマ字表記、名字としての分析や運勢など、もっと詳しい情報を知りたい方はこちら。


どんな人か教えて!!

あなたがご存知の「上野」さんはどちらかというと頭を駆使する知力派、はたまた肉体勝負の体力派、それとも個性豊かな芸術派?

知力派

体力派

芸術派


いい人ですか?そしてカッコいいまたはキレイな人ですか?

投票結果はこちら

こんな名前で呼ばれてます/呼んでます

自分はこんな呼称で呼ばれてます、または上野さんへ皆さんが親しみをもって呼ぶときの愛称やニックネームを教えてください。好意的なものであればあだ名でも構いません。
※ひらがなでお願いします。一回に複数の呼称を入れないようにお願いします。
かな


こんな名前に間違えられました

よく間違えて呼ばれる、誤って覚えられてしまう、宛先でよく間違えられる名前があれば教えて是非ください。結果は近日このページまたは特設ページにて公開させていただきます。
読み間違えはひらがな、書き間違えは漢字でひとつずつお願いします。
≪読み間違え≫※ひらがなで一つずつお願いします
かな

≪書き間違え≫※漢字で一つずつお願いします
漢字

ページの先頭へ