ルーツを探る >苗字の由来 >産屋敷姓の由来

産屋敷 姓の由来

産屋敷 由来

このページは産屋敷姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"産屋敷"を冠する発祥の地、名字成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。またユーザ様よりよせられたこの名字の由来、逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

産屋敷姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘産’の由来

種類:会意文字
意味:うむ。うまれる。
由来:「文(あや、かざり)+厂(かどだつ)+生」。上部は「文+厂」で、彦ゲン(くっきりとかどだった顔をした美男)顔(くっきりとかどだったかお)に含まれ、くっきりと切れめのある意を示す。産は、母体の一部がくっきりと切り離されてうまれること。のち、生(種・卵や合成によってうまれる)と混用される。

‘屋’の由来

種類:会意文字
意味:や。いえ。やね。
由来:「おおってたれた布+至(いきづまり)」で、上からおおい隠して、出入りをとめた意をあらわす。至は室(いきづまりのへや)・窒(ふさぐ)と同類の意味を含む。この尸印は尸シではない。おおい隠す屋根、屋根でおおった家のこと。至

‘敷’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:しく。しきのべる。広がる。
由来:甫ホ・フは、芽のはえ出たたんぼを示す会意文字で、平らな畑のこと。圃ホの原字。敷の左側はもと「寸(手の指)+音符甫(平ら)」の会意兼形声文字で、指四本を平らにそろえてぴたりと当てること。敷はそれを音符とし、攴(動詞の記号)をそえた字で、ぴたりと平らに当てる、または平らにのばす動作を示す。布や普で代用することも多い。甫

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「産屋敷」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは産屋敷姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は三重県のようです。その後和歌山県、兵庫県にいらっしゃる方が多くなっているようです。産屋敷姓の方は3位までの都道府県における地名には見られないことから、地名ではない由来があると思われます。
順位 都道府県 世帯数
1位三重県約150人
2位和歌山県約20人
3位兵庫県約20人
4位大阪府0~10前後
5位茨城県0~10前後

産屋敷姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

産屋敷姓の出自

武家公家庶民職人神主

産屋敷姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"産屋敷"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.