「賀慶」さんの字の分かりやすさについて

賀慶さんの字の分かり易さについて、苗字に使われている漢字の難易度(修学年や文字の複雑さ)をもとに判定しています。
文字と画数文字の意味
12 祝賀の賀。「加」の下に「貝」を組み合わせた「賀」。「加」に「貝」を組み合わせて「豊作の儀礼」「新しい生命を祝う儀式」を表現したため、めでたい意味をもつようになった。よろこぶ。祝う。
15 慶應義塾大学の慶。昔、お祝い事に鹿の皮をプレゼントしたことから「鹿」の文字に「心」を合わせ喜びや祝いを表す(諸説あり)。よろこぶ。めでたいこと。
字の分かりやすさ
5
分かる
使われている漢字はそれほど難しくないようです。最も難しい漢字は「慶」で中学校2年生ごろで習うはずの字です。中学校2年生頃習う漢字
「賀」: 日常的に使う漢字です。小学校4年生ごろ習う常用漢字になります。
「慶」: 一般的な常用漢字です。中学校2年生ごろ習うはずの漢字です。

[Tips]
同じ読みなんだけど使われる漢字がちょっと違うだけの似ているものがある名字は、漢字の種類がもともとたくさんあったのではなく単なる書き間違えや勘違いから生まれたというから驚きですよね。

<< 詳細ページに戻る









賀慶さんの基本情報

漢字賀慶 多い都道府県
1位:三重県 
読み方 がけい
ローマ字GAKEI
総画数27画
推定人口約5人

ページの先頭へ