田中 姓

文字/画数文字の意味
5 た。はたけ。かる。かり。四角に区切った耕地を描いたもの。平らに伸びる意を含む。また、田猟の田は、平地に人手を配して平らに押していくかりのこと。もっと詳しく
4 なか。あいだ。あたる。あてる。もとの字は、旗ざおをわくのまんなかにつき通した姿を描いたもので、まんなかの意をあらわす。また、まんなかを突き通すの意をも含む。仲チュウ・衷チュウの音符となる。もっと詳しく
田中姓の成り立ち

地名

地形

職業

事物

拝領

合略

明治

派生

外来

田中姓の出自

武家

公家

庶民

アイヌ

蝦夷

琉球

台湾

中国

朝鮮

その他

田中さんイメージを教えてください

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

ありがとうございました。

送信に失敗しました。

漢字
読み方
ローマ字
総画数
9画
推定人口
約1,342,000人
ニックネーム
わっぺん、たなま、たなっち、たなかちゃん、おたなかさん、たなちゃん、田中ちゃん、もち、たなかさん、田中さん、かなた、たぬ
田中姓の特徴
※この苗字を様々な角度から独自に判定し、そのステータスをレーダーチャートにしています。(あくまで統計上の情報なので何かを保証するものではありません。)
※「田中姓の成り立ち」や「田中姓の出自」データは何かを保証するものでは無く推測を含みます。
※本ページに調査不足による記載漏れ等ございましたらお問い合わせよりご指摘いただければ幸いです。

田中姓の由来

文字の由来

‘田’の由来

意味:た。はたけ。かる。かり。
由来:四角に区切った耕地を描いたもの。平らに伸びる意を含む。また、田猟の田は、平地に人手を配して平らに押していくかりのこと。

‘中’の由来

意味:なか。あいだ。あたる。あてる。
由来:もとの字は、旗ざおをわくのまんなかにつき通した姿を描いたもので、まんなかの意をあらわす。また、まんなかを突き通すの意をも含む。仲チュウ・衷チュウの音符となる。
人口の由来 田中の人口は東京都に最も多くいるようです。田中の人口について詳しくは田中姓の由来ページを参照ください。 1位東京都(約154900)、2位大阪府(約123900)、3位福岡県(約95400)、4位神奈川県(約84200)、5位兵庫県(約77700)
逸話

【皆さんからいただいたコメント】

  • 田んぼの中にご先祖様は住んでいたのでしょう。
  • 蘇我氏族の田中臣、清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)、桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)、古代氏族であり、美努(みの)王の妻県犬養(あがたのいぬかい)三千代が橘宿禰(すくね)の氏姓を与えられることに始まる橘氏などの様々な流派がみられる。大和国高市郡発祥は田中直の末裔、近江国高島郡発祥の族は佐々木氏流愛知族、甲斐国山梨郡発祥の族は清和源氏安田氏族、伊豆国田方郡発祥の族は桓武平氏北条氏族、上野国新田郡発祥の族は清和源氏、ほか赤松氏族、海部姓田中氏、宇都宮氏族、肝付氏族、河野氏族など様々みられる。家紋はかたばみ、木瓜など。語源は、田の中、耕作のための田居の語から発生したとされる
  • 祖父が第5位の兵庫県出身なのですが、相当な資産家だったらしいです。祖母と駆け落ちして全てを捨てているので何も分からないままですが、皆様のように立派な家柄だったかも!?
  • VALORANTがどれだけ練習しても下手な一族の末裔
このページでは田中姓について字の意味、他の読み方、画数、ローマ字表記、推定人口の多い都道府県やルーツ由来や、皆さんがご存知の田中さんについてのアンケート結果を等いろいろな情報を掲載しています。
本サイトではこの姓への愛をためています。愛着がある方はこのページにある「苗字への愛を貯める」の卵を割ってください。
~姉妹サイトのご紹介~

苗字への愛を貯める

苗字レベル:17ポイント:229
「田中」という苗字への愛がある方は右の卵をクリックしてください。
出た数字だけポイントがたまり、たくさんたまると苗字レベルが上がります。
※卵は1日1回割ることができます。


>