ルーツを探る >苗字の由来 >三津田姓の由来

三津田 姓の由来

三津田 由来

このページは三津田姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"三津田"を冠する発祥の地、姓成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。また皆様よりよせられた姓の由来、逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

三津田姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘三’の由来

種類:指事文字
意味:み。みつ。みっつ。
由来:三本の横線で三を示す。また、参加の参サンと通じて、いくつもまじること。また、杉サン・衫サンなどの音符彡サンの原形で、いくつも並んで紋様を成すの意味を含む。日本では、奈良時代にはサムと音訳し、三位サムミ・三線サムセンといった。三郎サブロウのサブはその転音である。証文や契約書では、改竄カイザンや誤解をさけるため、参と書くことがある。

‘津’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:つ。渡し場。船着場。
由来:津の字の右側はもと「聿(手で火ばしを持つさま)+火(もえかす)」の会意文字で、小さい燃えかす。または、「聿(手でふでを持っているようす)+彡(しずくがたれるしるし)」の会意文字で、わずかなしずく。津はそれにさんずいを加えたもので、水が少なく、尽きようとしてたれることを示す。のち、うるおす、しめった浅瀬などの意を派生した。

‘田’の由来

種類:象形文字
意味:た。はたけ。かる。かり。
由来:四角に区切った耕地を描いたもの。平らに伸びる意を含む。また、田猟の田は、平地に人手を配して平らに押していくかりのこと。

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「三津田」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

兵庫県
三木市志染町三津田の地図 三木市志染町三津田
(みきししじみちょうみつだ)
広島県
呉市西三津田町の地図 呉市西三津田町
(くれしにしみつたちょう)
呉市東三津田町の地図 呉市東三津田町
(くれしひがしみつたちょう)
※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは三津田姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は千葉県のようです。その後愛媛県、大阪府にいらっしゃる方が多くなっているようです。三津田姓の方は3位までの都道府県における地名には見られないことから、地名ではない由来があると思われます。
順位 都道府県 世帯数
1位千葉県約100人
2位愛媛県約80人
3位大阪府約80人
4位神奈川県約80人
5位東京都約80人
6位北海道約70人
7位山口県約50人
8位京都府約40人
9位愛知県約40人
10位埼玉県約40人

三津田姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

三津田姓の出自

武家公家庶民職人神主

三津田姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"三津田"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.