ルーツを探る >苗字の由来 >北庄司姓の由来

北庄司 姓の由来

北庄司 由来

このページは北庄司姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"北庄司"を冠する発祥の地、苗字成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。またユーザ様よりよせられたこの苗字のルーツや逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

北庄司姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘北’の由来

種類:会意文字
意味:きた。にげる。そむく。
由来:左と右の両人が、背を向けてそむいたさまを示すもので、背を向けてそむくの意。また、背を向けてにげる、背を向ける寒い方角(北)などの意を含む。

‘庄’の由来

種類:会意文字
意味:いなか。いなかや。
由来:「广(いえ)+土」で、もと土間のある平屋のこと。のち、荘ソウ(なや)に当てて用い、いなかの農家をあらわす。

‘司’の由来

種類:会意文字
意味:司会者の司。「口」とそれ以外の部分に分けられ、どちらも「器」の形を表す。「神や祖先をまつる祭典」の様子から、それに従事する人々を指して「司」と呼ぶようになった。つかさ。官吏。役所。つかさどる。職務としてとりおこなう。
由来:「人+口」。上部は、人の字の変形、下部の口は、穴のこと。小さい穴からのぞくことをあらわす。覗シ(のぞく)や伺(うかがう)・祠シ(神意をのぞきうかがう→まつる)の原字。転じて、司察の司(よく一事を見きわめる)の意となった。

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「北庄司」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは北庄司姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は大阪府のようです。その後京都府、大分県にいらっしゃる方が多くなっているようです。北庄司姓の方は3位までの都道府県における地名には見られないことから、地名ではない由来があると思われます。
順位 都道府県 世帯数
1位大阪府約440人
2位京都府0~10前後
3位大分県0~10前後
4位和歌山県0~10前後
5位滋賀県0~10前後
6位三重県0~10前後
7位愛知県0~10前後

北庄司姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

北庄司姓の出自

武家公家庶民職人神主

北庄司姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"北庄司"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.