ルーツを探る >苗字の由来 >曽谷原姓の由来

曽谷原 姓の由来

曽谷原 由来

このページは曽谷原姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"曽谷原"を冠する発祥の地、名字成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。またユーザ様よりよせられたこの名字の由来、逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

曽谷原姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘曽’の由来

種類:象形文字
意味:かつて。以前。すなわち。かさねる。
由来:「ハ印(ゆげ)+せいろう+こんろ」をあわせてあり、上にせいろうを重ね、下にこんろを置き、穀物をふかすこしきの姿を描いたもので、層をなして重ねる意を含む。甑ソウ(こしき)の原字。また、曾は、前にその経験が重なっているとの意から、かつて…したことがあるとの意を示す副詞となった。

‘谷’の由来

種類:会意文字
意味:たに。きわまる。行き詰まる。
由来:「八印(わかれ出る)二つ+口(あな)」で、水源の穴から水がわかれ出ることを示す。卻(=却)の音符谷キャクは、口の上、鼻の下の正中線のくぼみをあらわし、谷コクとは別字。

‘原’の由来

種類:会意文字
意味:はら。へいげん。もと。みなもと。たずねる。
由来:「厂(がけ)+泉(いずみ)」で、岩石の間のまるい穴から水がわく泉のこと。源の原字。水源であるから「もと」の意を派生する。広い野原を意味するのは、原隰ゲンシュウ(泉の出る地)の意から。また、きまじめを意味するのは、元(まるい頭)頑ガン(まるい頭→融通のきかない頭)などに当てた仮借字である。

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「曽谷原」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは曽谷原姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は宮崎県のようです。曽谷原姓の方は3位までの都道府県における地名には見られないことから、地名ではない由来があると思われます。
順位 都道府県 世帯数
1位宮崎県0~10前後

曽谷原姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

曽谷原姓の出自

武家公家庶民職人神主

曽谷原姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"曽谷原"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.