ルーツを探る >苗字の由来 >最勝寺姓の由来

最勝寺 姓の由来

最勝寺 由来

このページは最勝寺姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"最勝寺"を冠する発祥の地、名字成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。また皆様よりよせられた名字のルーツや逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

最勝寺姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘最’の由来

種類:会意文字
意味:もっとも。
由来:「おおい+取」で、かぶせたおおいをむりにおかして、少量をつまみとることを示す。撮(ごく少量ををつまむ)の原字。もと、極少の意であるが、やがて「少ない」の意を失い、「いちばんひどく」の意を示す副詞となった。

‘勝’の由来

種類:会意文字
意味:かつ。戦いにかつ。まさる。すぐれる。たえる。
由来:朕チンは「舟+両手で持ち上げる姿」の会意文字で、舟を水上に持ちあげる浮力。上にあげる意を含む。勝は「力+朕(持ちあげる)」で、力を入れて重さにたえ、物を持ちあげること。「たえる」意と「上に出る」意とを含む。たえ抜いて他のものの上に出るのが勝つことである。朕

‘寺’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:てら。
由来:「寸(て)+音符之(足で進む)」。手足を動かして働くこと。侍(はべる)や接待の待の原字。転じて、雑用をつかさどる役所のこと。また、漢代に西域から来た僧を鴻臚寺コウロジという接待所に泊めたため、のち寺を仏寺の意に用いるようになった。

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「最勝寺」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

山梨県
南巨摩郡増穂町最勝寺の地図 南巨摩郡増穂町最勝寺
(みなみこまぐんますほちょうさいしょうじ)
京都府
京都市左京区岡崎最勝寺町の地図 京都市左京区岡崎最勝寺町
(きょうとしさきょうくおかざきさいしょうじちょう)
※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは最勝寺姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は鹿児島県のようです。その後神奈川県、東京都にいらっしゃる方が多くなっているようです。最も多い鹿児島県と2番目の神奈川県の差は倍以上あるため、もしかすると鹿児島県がこの苗字発祥の地といえるかもしれません。最勝寺姓の方は3位までの都道府県における地名には見られないことから、地名ではない由来があると思われます。
順位 都道府県 世帯数
1位鹿児島県約130人
2位神奈川県約60人
3位東京都約60人
4位兵庫県約40人
5位宮崎県約20人
6位福岡県0~10前後
7位大阪府0~10前後
8位長崎県0~10前後
9位愛知県0~10前後
10位千葉県0~10前後

最勝寺姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

最勝寺姓の出自

武家公家庶民職人神主

最勝寺姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"最勝寺"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.