ルーツを探る >苗字の由来 >生多姓の由来

生多 姓の由来

生多 由来

このページは生多姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"生多"を冠する発祥の地、名字成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。また皆様よりよせられた名字の由来、逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

生多姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘生’の由来

種類:会意文字
意味:生命の生。「イキル」。「生」は土から草が生え出る様子をそのまま字に表した漢字。いきる。 うまれる。うむ。 はえる。はやす。 なま。いのち。き。うぶ。
由来:「若芽の形+土」で、地上に若芽のはえたさまを示す。いきいきとして新しい意を含む。

‘多’の由来

種類:会意文字
意味:おおい。
由来:夕、または肉を重ねて、たっぷりと存在することを示す。

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「生多」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

奈良県
宇陀市室生多田の地図 宇陀市室生多田
(うだしむろうただ)
※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは生多姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は奈良県のようです。都道府県別在住数1位の奈良県には室生多田などの地名があるようです。
順位 都道府県 世帯数
1位奈良県約50人
2位大阪府約20人

生多姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

生多姓の出自

武家公家庶民職人神主

生多姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"生多"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.