ルーツを探る >苗字の由来 >部山姓の由来

部山 姓の由来

部山 由来

このページは部山姓の由来・ルーツを掲載しています。同姓の多い地域、使われている漢字、"部山"を冠する発祥の地、名字成り立ちや出自といった様々な観点で由来・起源を検証しています。また皆様よりよせられた名字の由来、逸話等を掲載しております。本ページに未掲載のルーツや逸話をご存知の方がおりましたら是非情報提供をお願いいたします。

部山姓の名字の由来と起源に関する投稿

文字の意味から由来を探る

‘部’の由来

種類:会意兼形声文字
意味:くみ。いくつかの組に分ける。わける。分類する。すべる。おさめる。
由来:不は、ふっくらとふくれたつぼみを描いた象形文字であるが、その音を借りてプッと拒否することばをあらわす。否は、それに口を加えた字。部の左側は、否の字の上に丶印をそえた字で、不の原義(ふくれた)と、左右に払いのける、二つにわけるの二つの意味を含む。部はそれを音符とし、邑(丘や村)を加えた字で、もと、まるくふくれた土盛りや丘をあらわす。ただし多くの場合は、二つにわける、区分するの意に用いた。

‘山’の由来

種類:象形文字
意味:やま。
由来:△型のやまを描いたもので、△型をなした分水嶺のこと。

地名から由来を探る

地名ルーツの名字は多いため地名に名字が含まれるものを見てみましょう。「部山」を含む地名を都道府県ごとに表示しています。

奈良県
高市郡明日香村阿部山の地図 高市郡明日香村阿部山
(たかいちぐんあすかむらあべやま)
徳島県
吉野川市山川町忌部山の地図 吉野川市山川町忌部山
(よしのがわしやまかわちょういむべやま)
福岡県
北九州市小倉南区安部山の地図 北九州市小倉南区安部山
(きたきゅうしゅうしこくらみなみくあべやま)
※発祥の地や何らかの関わりがあることを保障するものではありません。もし記載の地名と発祥の関係をご存知の方は是非教えてください

住んでいる地域から由来を探る

本サイトのデータでは部山姓の方は全国に殆どいらっしゃらないようす。 最も多く住んでいらっしゃる都道府県は広島県のようです。その後福岡県、茨城県にいらっしゃる方が多くなっているようです。都道府県別在住数が2番目に多い福岡県には安部山などの地名があるようです。
順位 都道府県 世帯数
1位広島県約20人
2位福岡県約20人
3位茨城県0~10前後
4位岡山県0~10前後
5位神奈川県0~10前後

部山姓の成り立ち

地名地形職業事物拝領明治派生外来

部山姓の出自

武家公家庶民職人神主

部山姓の起源

アイヌ蝦夷琉球台湾中国朝鮮その他

氏神の由来を探す

苗字にはその地域で称えられていたものに由来するケースもあります。ここでは"部山"の名がつく神社を紹介しています。
© 2013-. sijisuru.com All rights reserved.