名字に最も使われている字は?

概要

日本人の名字は非常に種類が豊富ですが、その多種多様な苗字の中で多く使われている漢字について調べて見ました。 最も多く使われている字はどの字なのでしょうか?1文字目に使われる文字は?最期の文字に使われけど1文字目には使われない文字は?など。

最も使われている漢字

苗字に最も使われている文字のランキングを見ていきましょう。

最も使われているのは「田」の字で、 もっとも有名なのは田中さんであり続いて 吉田さん、山田さん、 池田さん、前田さん、 藤田さんなど みなさんもすぐ思いつく名字が多いかと思います。 2位は「野」、3位は「谷」、続いて「井」「木」「川」「山」となっていおり、地形に係る文字が多く使われていることに気づきます。

順位文字名字数
1 4920種類
2 3557種類
3 2980種類
4 2560種類
5 2467種類
順位文字名字数
6 2349種類
7 2341種類
8 1974種類
9 1915種類
10 1860種類

他にもXXのつく名前ランキングはこちらから

1文字目に使われている文字ランキング

苗字の1文字目に最も使われている文字のランキングを見ていきましょう。

一文字目に最も使われているのは「小」の字で、 最も人口が多いのは小林さんで続いて、 小川さん、小野さん、 小島さん、小山さん、 小松さんなど みなさんもすぐ思いつく名字が多いかと思います。 2位は「大」、3位は「上」、続いて「三」「中」「下」などとなっていますが、漢文の作りに影響されたのか形容する文字が多いのに気づかされます。

順位文字名字数
1 1743種類
2 1525種類
3 962種類
4 953種類
5 900種類
順位文字名字数
6 780種類
7 755種類
8 西 712種類
9 690種類
10 679種類

最期の文字に使われている文字ランキング

苗字に最も使われている文字のランキングを見ていきましょう。

最も使われているのは「田」の字で、地形に係る文字が多く使われていることに気づきます。

順位文字名字数
1 2173種類
2 1373種類
3 2327種類
4 1178種類
5 1157種類
順位文字名字数
6 1033種類
7 1281種類
8 1117種類
9 1282種類
10 557種類

1文字目に使われているけど最期の文字には使われない文字ランキング

苗字の1文字目に使われているけど最期の文字には使われない文字のランキングを見ていきましょう。

このランキングは名字に多く使われている漢字100位以内の中から苗字の1文字目に使われている種類と2文字目に使われている種類の対比させ、その差が大きいものをランキングしています。

順位文字1文字目である名字の種類最期の文字である名字の種類1文字目率
1 690種類 245種類 74%
2 648種類 252種類 72%
3 西 712種類 294種類 71%
4 471種類 239種類 66%
5 900種類 484種類 65%
6 361種類 222種類 62%
7 395種類 269種類 59%
8 422種類 303種類 58%
9 962種類 727種類 57%
10 312種類 234種類 57%

最期の文字に使われているけど1文字目には使われない文字ランキング

苗字の最期の文字に使われているけど1文字目には使われない漢字のランキングを見ていきましょう。

このランキングも先のランキングと同じ考え方で作成しております。

順位文字1文字目である名字の種類最期の文字である名字の種類最期の文字率
1 7種類 293種類 98%
2 26種類 622種類 96%
3 27種類 481種類 95%
4 49種類 823種類 94%
5 19種類 246種類 93%
6 87種類 1044種類 92%
7 150種類 1641種類 92%
8 37種類 282種類 88%
9 326種類 2361種類 88%
10 118種類 904種類 88%

2位の部が名字の最後に多い理由については「部で終わる苗字の由来」を参照ください。

どうでしたか?こうやってある法則を見つけてみるのも楽しいですね。

ページの先頭へ