安藤 特徴

安藤 姓の特徴

安藤さんは簡単で比較的簡単でよく使われる字でそれほど難しくない字で多少難しい字で難しく画数の多いあまり書きやすくないちょっと書きずらい名字です。
このページでは安藤姓の文字からその特徴についてまとめています。
安藤の特徴
この苗字を様々な角度から独自に判定し、そのステータスをレーダーチャートにしています。(あくまで統計上の情報なので何かを保証するものではありません。)
字の分かりやすさ
2
分かる
この名字は比較的難しい漢字を使っています。そのうち最も難しい漢字は「藤」で中学校3年生ごろで習うはずのものです。中学校3年生頃習う漢字

※苗字に使われている漢字の難易度(修学年)をもとに判定しています。

Tips

同じ読みなんだけど使われる漢字がちょっと違うだけの似ているものがある名字は、漢字の種類がもともとたくさんあったのではなく単なる書き間違えや勘違いから生まれたというから驚きですよね。

書きやすさ
5
書ける
総画数は24画になります。ちょっと画数の多い名字です。20画を超えたあたりから書くのがちょっと億劫になってきます。

※苗字に使われている漢字の画数の多さにより判定しています。

総画数
画数が多いと他の方と比べても書くのが遅くなってしまうためさらに役所の申請やカード申込書など名前を何度も書く時は、手が疲れちゃいますよね。あまり面倒だとおもうならハンコを作って契約時に自署必須じゃないところはポンポン押していくといいかもしれませんね。名前を何度も書く時は、手が疲れちゃいますよね。あまり面倒だとおもうならハンコを作って契約時に自署必須じゃないところはポンポン押していくといいかもしれませんね。とはいえそんなことでこの苗字を嫌いにならないであげてください。
「安藤」の字は書きやすいと思う?
バランスが取り辛い、画数が多く上手く書けない等書く上でストレスを感じますか?

安:

藤:

Tips

バランスが難しく書きづらいと字のランキングは1位が臼、続いて凸、凹だそうです。他にも必、爪、乏、州、女などがあるようです。難しい文字は象形文字のようなものが多いようです。ランキング外ですが「飛」や「丑」新潟の「潟」なんかもバランスが難しく書きずらいですよね。

読み易さ
3
読み
安藤姓の読み方毎に難易度を判定しています。
読み方:読み易いと思う?
あんどう:
読みが一般的ではなくそれほど簡単ではありません。
あんとう:
読みが一般的ではなくそれほど簡単ではありません。
やすふじ:
一般的な知識を持っていればさほど難しくはありません。パソコンやスマホでタイプしてもほとんどの場合出てくるでしょう。
あんどお:
読みが一般的ではなくそれほど簡単ではありません。
あどう:
読みが一般的ではなくそれほど簡単ではありません。
あとう:
読みが一般的ではなくそれほど簡単ではありません。

※使われている漢字とその読みが一般的かどうかで判定しています。


こんな読み間違えをされた方がいました
あんどぅ、やすとう
運勢
6
運勢
身近な親戚や家族を大切にしてください。この名字はそうした身近な人が力になってくれる良い運勢といえます。この苗字の知り合いがいる人は大切にしてください。

※苗字に使われている漢字の画数による姓名判断をもとに判定しています。姓名判断については名前があって初めて成立するためあくまで参考です。


名前:
人口
6
安藤の人口
比較的多めの名字といえます。病院などの順番待ちで呼ばれるときに「安藤さん違いだった」なんてちょっと恥ずかしい思いをしたこともあるのではないでしょうか。きっとあなたの長い人生のなかで誰でも一人は知り合いになることもあるでしょう。

※本サイトの全国苗字分布のデータをもとに判定しています。

苗字愛
3
苗字愛
この名字を支持する人が増え始めたようです。もしあなたがまだ投票していなければ是非投票ください。投票は下の卵を割れるまで何度もクリックしてください。

※本ページの「苗字への愛を貯める」により苗字にたいする愛を示してくれた方々ポイントをもとに判定しています。

いい人
6 安藤さんはいい人である確率が多い苗字のようです。
皆様に投票いただいた総数125件のうち「いい人」と答えていただいた方は116名いました。いい人投票率は92.8%になります。

※本サイトの「どんな人か教えて!」でみなさんに投票いただいたデータをもとに判定しています。

美しさ
5 安藤さんは結構な割合で綺麗だ、素敵だと感じる人が多いようです。
皆様に投票いただいた総数106件のうち「美男美女」と答えていただいた方は89名いました。美男美女投票率は84%になります。

※本サイトの「どんな人か教えて!」でみなさんに投票いただいたデータをもとに判定しています。

成り立ち
名字の構成 安藤姓の由来は地名と考えられます。地名由来の名字は名字成り立ちとして圧倒手に多いといわれています。例えば貴族や武士の場合、本拠地がある場所や住んでいる場所、または支配地域の地名から名字を名乗ったり、出身地から名乗ったりしました。または帰化による外国名が由来の名字です由来。帰化した名字には、好きな名字を意味や音から新しく作るもの、元の名前の音に当て字をする人もいます。帰化後につることができる名字にはルールがあり常用漢字表に掲げる漢字、別表第二(人名用漢字)に掲げる漢字、片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。)の3つの条件を満たすものとなっています。したがってローマ数字やアルファベット、算用数字や記号も使えません。

※本サイト成り立ちは独自のデータと調査、ユーザ様の投稿をもとにしていますが、確実な保証となるものではありません。



作ってみたい方はこちら。苗字に続く名前を入力して作成されます。※フルネームは公表することはありません。
名前:

※キャラクターのステータスは姓名判断をもとに作成されるため一定の傾向は出ますが、どんな名前でも一定の確率で良くも悪くもなります。

ページの先頭へ