“工”の書き順

‘工’の由来や起源

“工”の読み方

普通の読み方

音読み:こう く
訓読み:たくみ わざ つかさ

名前として使われる読み方

たくみ、ただ、つとむ、のり、よし

“工”の由来や意味

たくみ。 わざ。技術。物を作る職業の人。
上下二線の間に|線を描き、上下の面に穴を通すことを示す。また、かぎ型ものさしの象形ともいう。工は攻コウ(突き抜く)の原字で、孔コウ(突き抜けたあな)空(穴)ときわめて近いことば。穴をあけるのは、高度のわざであるので、細工することを意味するようになった。

文字の種類

指事文字

“工”は指事文字という種類の文字です。 指事文字とは、形として表しにくいことがらを、点や線で示し、その図をもとに作られた漢字です。例えば「上」と「下」は、横棒の上に点があることで「うえ」を、下は横棒よりも点が下にあることで「した」を表している。

“工”の画数

3画

“工”の画数は3画で同じ画数の文字には、
等があります。

“工”の部首

工:こう・え・たくみ

アンケート

“工”という字はあなたにとって書き易いと思いますか?

“工”のつく名前

“工”がつく名字

“工”の字がつく苗字には 工位工津工一助工兵工大工保飛工大工屋工野工原 等があります。

“工”がつく名前

“工”の字がつく名前には 工二朗工美工盛登工毅工工朗工太工城工未永工事 等があります。

ページの先頭へ