宅司 由来

名前は様々な思いを込めてつけられています。名付け親は悩みに悩んで、こんな人に育ってくれたら、こういう人になってほしいといった願いを名前に託すことが多いです。 あなたの名前に込められた想いを同名の方が教えてくれるかもしれません。自分が知らなかった名前の意味を発見できるかもしれません。そいった素敵な思いをみんなで共有しましょう。

この名前に込められた想い

宅司さんの由来について教えてください!!

文字の意味と込められた思い

画数
6
音読
たく
訓読
いえ すまう やけ
意味
いえ。住まい。

名付けた理由
歴史の偉人や身近な人でも尊敬に値する人のようになって欲しいという思いから、この字が使われることが多いようです(50%)。歴史上の人物には脇坂安宅、井深宅右衛門等がいます。
この漢字の読みから名前に付けた方が最も多いようです(50%)。子供が出来たらこんな風に呼びたいという思いから漢字よりも先に読み方を決めた方が多いということでしょう。使う字も重要ですが、呼び方も大切ですよね。

画数
5
音読
訓読
つかさどる つかさ
意味
司会者の司。「口」とそれ以外の部分に分けられ、どちらも「器」の形を表す。「神や祖先をまつる祭典」の様子から、それに従事する人々を指して「司」と呼ぶようになった。つかさ。官吏。役所。つかさどる。職務としてとりおこなう。
名付けた理由
親族からもらって付けられた方が多いようです(66.7%)。こうした親から代々受け継がれる漢字のことを「系字」や「通字」といいいます。この漢字もそうした字の一つなのかもしれません。

宅司さんの由来について教えてください!!

みんなが知ってる宅司さんはこんな人

まだ評価されていません。

「宅司」さんについて教えてください!

名前の由来

この名前に関する由来、すなわちそれぞれの字が持つ意味、その字にした理由、またこの名前に込められた名付け親の想いなどを教えてください。※全て入力する必要はありません。
名前に込められた想い※1000字

※コメント(頂けると嬉しいです)

削除パス
※削除パスを指定しないと削除ができなくなります。


それぞれの字の意味や理由
「宅」
「司」

ページの先頭へ